長く付き合って結婚、何となくそのまま家計費は彼女の負担

昨日、昔の職場の仲間2人に会いました

もっとも二人は私より若い人で、そのうちの一人は

昨年の秋に10年間付き合った7歳年上の男性と

結婚したという40歳の女性です 

彼女は30代の時に親の援助を得て

マンションを買いました

今もローンは彼女が払っています

そこへ、彼が入ってきた格好で

二人とも同じ仕事(公務員)をしてますが

家事一切は彼女がやってます

そして、家計費は全て彼女が

付き合っている時から、払っているそうです

夫は当然彼女よりもお給料は多いです

でも1円も払わないそうです

それを聞いた私たちは

「それはおかしい、彼から生活費はちゃんともらうべきだ」

と言いました。

「うちのお母さんもそういうの

これじゃまるでヒモじゃないのって」

当然でしょう

つまり彼は結婚して、生活費は必要がなくなって

自分のお給料を全部自分の趣味(ギターやバイク)に

つぎ込むことが出来るようになったのです

私たちのあまりの剣幕に勢いづいて彼女も決心しました

彼にもお金をもらうことにして

では、いくらもらったらいいかということになりました

「3万円くらいもらってもいいかな」

と彼女は言います

「とんでもない、10万はもらってもいいでしょう

住居費だけでもそれだけもらってもいいんじゃない?」

と言うと、彼女

「でもマンションは私の名義だから

お金もらうなら名義も書き換えなきゃ」

なんて言います

だって、毎月彼女はマンションのローンを払っていて

そのマンションに彼も住んでるのです

名義が誰であっても、受益負担があります

こうやって一つ一つ、検証をしてゆき

彼女は、

「とにかく、お金は毎月入れてもらうよう

話し合う」と言って

帰ってゆきました

最後に

「いくらもらうようになったか、決まったら教えてね」

「わかったメールする」

さあ、どんな結論が出るのかな

楽しみです

人の家のことなんですが。。。


この話、男女を逆にしてみると

結構世の中に同じ様な夫婦、いませんかね



るんるん堂

↓ポチッと押してね
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村
結婚相談所






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック