テーマ:世代

待った甲斐がありました

先日入会された男性に、是非紹介したいと思っていた 女性会員さんですが 入会して10カ月、 当初はお見合いも頻繁にしていたのですが 3か月が過ぎた頃から 「なんだか疲れてしまったのでしばらくお休みします」 と言って、休会されてました 休会中でもお申し込みは入るので その都度連絡をしていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入会された50代男性の身の上話②

実際に身内の方をグループホームに入れられた人から 聞いた話は大変参考になりましたので 早速、私も市内のそのような施設を探してみました 殆どは満杯状態で空きがなかったのですが 最後に一番新しい処に見学を申し込んでみましたら 結果的に、これが幸運で 一部屋空きが出て入れることになりました 引っ越しも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入会された50代男性の身の上話①

さて、このところ忙しく なかなかブログの更新も出来ずにさぼっていました 忙しかったのには色々言い訳がありますが 中でも一番大変だったのが 同居していた認知症の母の施設への引っ越しでした で、そもそも、このお話は ある方の経験談をお聞きしてから 動き始めて決まったのでした その方が再婚のこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

甘やかされて育てられた人

英語で spoil という単語は ダメにする、そこなうと言う意味ですが 甘やかす と言う意味もあります 親は子供が可愛いので どうしても甘やかしますが それって決して子供の為にはなりません 大人になって、結婚する年齢になっても 全く相手のことを考えられずに 周りの人が全部自分の為に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山ケンイチさんと小雪さんの結婚

松山ケンイチさんと、小雪さんが結婚したニュースで 初めてお二人の年齢を知って、驚きました いや、当節8歳年上の女性と結婚したって 驚きませんが、松山さんが26歳だってことにです このカップルの誕生で、また世の34歳の女性たちの中で 「年下の男性を希望します」 って言う方が増えると思います 26歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子のお嫁さんになってもらいたいお嬢さん

私が愛読している「ビッグコミックオリジナル」に 「あんどーなつ」というコミックがあります TV化もされたのでご存知の方も多いでしょうが 主人公の「安藤奈津」ちゃんは 和菓子職人で いまどき珍しい位の良いお嬢さんです 素直で、優しくて、前向きで めちゃくちゃ明るくて 結婚適齢期の息子さんを持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猜疑心の強い人

先日頂いたお問い合わせの電話。 その着信番号に覚えがあったので またあの方からだなとすぐにわかりました この1年の間に少なくとも3回は 電話で色々尋ねて来られてます 最初は、丁度去年の桜の時期でした 「結婚相談所のナビで知りました」 といい、紹介のシステムや料金のことを 聞かれるままに設明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震から11日

あの地震から、11日が経ちました 昨日救出された80歳の女性と16歳のお孫さん もし、一人だったらどうだったのでしょう 誰でも、自分の傍に誰かがいるって言うのは 全く一人ってより、ずっと心強いものです ニュースを見ながら、泣けてくるのは 何故でしょうか るんるん堂 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お断りの理由が「ファッションセンスが悪い」って

女性会員に良くあるケースなのですが お見合いした後、お断りするのに その理由が 「ファッションのセンスが全然良くないんですもの」 概しては若い女性に多いです お見合いの時に着てきた洋服が 「私の好みじゃなかった」 だの 「あのネクタイは趣味が悪い」 だの 「バッグを持ってたのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自治体の婚活支援策

ヤフーのニュースでこんな記事がありました 婚姻率(人口1000人当たりの年間結婚組数)が全国一低い秋田県は、新年度からパソコン(PC)による検索システムを使った結婚相手の紹介に乗り出す。結婚したい男女がキーボードをたたいて理想の相手を探し、行政が2人の出会いをコーディネートする。登録者のネットワークを駆使した紹介は自治体としては全…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画・ソーシャル・ネットワーク

「ソーシャル・ネットワーク」を見てきました この映画にで出てくるフェイスブックと言うSNSは 割合新しいのですが、私が最初にネットで 世界中の人と自由に話が出来て 感激したのは、 ICQ というメソッドでした でも、いつの間にか、なくなってしまったのでしょうか? 1998年に登録した時 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40代の結婚はそんなに難しいのですか?

もうじき40歳になると言う女性からお問い合わせがありました この方は2年前に一度、ある方から紹介されて 資料なども送って、その時に色々説明もした方です 当時はまだ37歳でしたが 「正直言って結婚相談所に入るのは まだ早いような気がします」 と言って、結局そのままになっていた方です 今回は何故また…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

KAGEROU

話題になっている「KAGEROU] を読みました これを書いたのが水嶋ヒロという 慶応大学出身の俳優さんだと言うので それも興味があったのですが なかなか面白く素人が書いたような感じじゃありません と言っても、もう今では誰が玄人で 誰が素人なのか、その区別もはっきりしませんよね 最初読みか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は孤族の国?

一昨日から朝日新聞で 「孤族の国」という シリーズが始まりました 未婚で生涯を送る「孤族」は 何と2030年には男性では 30%以上になると言う 女性も2割を超えると言うのですが 何で?数字がおかしい つまり、2回以上結婚するのは 女性より男性の方が多いと言う訳ですか 2030…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情熱を忘れた若者達へ

最近、ニュースを見ていて思うのですが 日本の若い人達が 昔の若者に比べて情熱がないように 思うのは私だけでしょうか? 自分の国の領土を、まるで無頼漢のような よその国に取られそうだと言うのに おとなしいです 昔の若者たちはそんな時 熱い情熱を燃やして立ち上がったものです 対極に今の中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

婚活戦線異状あり「伴侶公開募集篇」

以前一度ここでも紹介しましたが 週刊新潮の記事、松田美智子さん(60歳)が 中高年の婚活を実際に体験したお話 週刊新潮より「婚活戦線異状あり」 の続編が最新号に出ていました 前回、彼女は結婚相談所に登録してみたものの 全く成果がなく、週刊新潮誌上で 結婚相手の公開募集をしたのです その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の決めた結婚で・・・「ゲゲゲの女房」最終回

何気なく初回から見ていた NHKの「ゲゲゲの女房」が遂に最終回 親が決めて、お見合いをして 5日後には結婚して始まった夫婦 今では珍しいかもしれませんが 戦前生まれの人にはそれほど 珍しくない話です この縁談、今の結婚相談所では考えられないほど 男性の条件は悪いです 戦争のためとは言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年収300万円台の暮しって無理ですか?

男性で年収が300万円台の方 結婚相談所では少ない方ですが 世の中には一杯います この収入では暮らせませんか? 私が結婚したのはもう33年も前の話ですが その頃の夫の年収がそれくらいでした 日経平均が5500円の頃です 今は9300円 なのにあの頃の物価と 今はあんまり変わってない気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見合いですぐに決まる人たち

お見合いをしてすぐに決まるのは どういう人なんでしょうか? 条件の良い男性や、特別綺麗な女性? ってことはないんです 一番早いのは 自分をよく知っていて 客観的に正しい評価が出来る人 こういう人は、決まる時は早いです 何故なら彼らは お見合いをする前から 自分にはどの位の人が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40代以上で子供が欲しいと言う男性へ

この仕事をやっていて とても不思議に思うことがあります 40代、それも後半以上の男性で どうしても子供が欲しいと言う人たちです この世に存在する生命体の究極の目的が 自分のコピーを残すこと である以上、自分の遺伝子を持つ 子孫を残したいと思うのは当然です そのことが悪いわけじゃありません …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一粒の麦、もし死なずば

昨日は田舎で父の法事があって行ってたのですが 帰りは中央道の渋滞でいつもの4倍も時間がかかって 東京に帰ってきて 疲れ果ててぐったりしています 昨日の法事のときに 母がつぶやいた言葉が忘れられません 「一粒の麦、もし死なずば」 父の父(私の祖父)には最初の妻との間に6人の男女の子が 後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more